今回から牧師先生の教えを元にして、僕たちの生活レベルに噛み砕いたものをMESSEAGEというカテゴリでお伝えしていこうと思います!

摂理の教えは至極まっとうなものが多いですが、だからこそ人間の本質をとらえたものなのだと思います。

何かしら人生にとって有益な価値があることをわかって、摂理の道を選択しているということをわかっていただけたら嬉しいです。

ついつい限界を設定してしまう

僕が2017年に入ってから一番実感していること。

それは牧師先生がよくおっしゃる

やればできるし、やらなければできない

という言葉です。

少しずつ歳が重なるにつれて(と言っても20代半ばなので何言ってんだこいつって思われるかもしれませんが)、自分にはこれはできないと思うことが増えてきました。

知らず知らずのうちに限界を定めてしまっていることに気づいたんですね。これではダメだと新年の最初に自分を反省しました。

それからはコトあるごとに「やればできるし、やらなければできない」と口癖のように声に出しています。

そう思ってやってみると、本当にこの言葉の通りだなと実感するばかりなんです。

「ああ、結局やろうとしてなかっただけなんだな」と思うようになりました。

行動できない言い訳だけがつらつらと重なっていく

人々はやってもみないで難しいと思い、行動しないので、一生できないまま終わってしまう。

やらない、始められない理由なんていくらでもあるんですよね。

たとえば5キロダイエットしたい、という目標があったとします。

夏が近くなったらやろう。

食事制限なんてムリ。

運動なんかしたくない。

楽して痩せたい。

好きな人ができたら始めればいいや。

心は痩せることを願っているけど、それに至る過程を思うと苦しそうだから嫌だ。そんな精神状態になる人は多いと思います。もちろん例外なく僕もそうです。

できないと言わずに、やらないからできないと考えてみなさい。

そんな人に牧師先生はこうおっしゃるんですね。

できないと言う前に、やろうとしてないからできないんだと。

やろうとする意志が何よりも大切

こういう話をすると「出た!根性論!古くさいぜ!」って言う人が必ずいらっしゃると思います。

僕自身、根性論というのはあまり好きではありません(笑)。

口を開くとすぐに「気合と根性だ」と言う人がどこのコミュニティにもいると思いますが、僕はそれを思考と戦略の放棄だと思うからです。

しかし、何かものごとを推し進めるためにまず一番、何にも増して大切なのは、気合と根性だと言うのもまた事実だと思います。

まずやろうとする意志を持つこと。これをなくしては、何も始まりません。何日経っても同じ場所にとどまり続けることになる。

学問は脳、仕事は腕、身を動かすは足である。しかし、卑しくも大成を期せんには、先ずこれらすべてを統(す)ぶる意思の大いなる力がいる、これは勇気である。

大隈重信さんも、すべてに先んじて大事なのは意志だとおっしゃってますね。

「やればできるし、やらなければできない」

そんな言葉を毎日耳にし、声にしていたら、本当にそう思えてくるから不思議ですね。

一歩踏み出すことの大切さ

少し話がそれてしまった気もしますが、牧師先生は気合と根性というよりは、一歩踏み出すことの大事さを伝えてくださっているのだと思います。

条件が合わなくても、機会はその時、その瞬間、その刹那だ。よく人々は景色も良く休むところもあってというふうに、あれこれ条件がそろってから始め、目的を達成しようとするから、できないまま終わる。

条件がそろう日なんて来ません。いつまで経っても来ません。

目標があるなら、まずやる。これなんですね。

堀江貴文さんの『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』の中でも、一歩踏み出すことの重要性を再三伝えています。

ちょっと前にこんな人も有名になりましたね。

何か自分が成し遂げたい目標があった時、いろいろできない理由を考えるのをやめて、まず一歩踏み出してみましょう!

やればやるほど、できるようになる

神様は人間が最もたくさん動くように創造なさったので、たくさん動いて活動しないと、本来、創造主が創造した分の機能を発揮できない。たくさん活動した人はそれだけ人間の潜在能力を使える人になる。

いまさら言うまでもないことかもしれませんが、これは科学的にも実証されています。

例えば、脳は神経回路がどれだけ作られたかで機能が変わりますが、神経回路ができればできるほど次の神経回路はできやすくなるんですね。

皆さんの周りにも「あれもこれも全部できる」なんて人、一人はいると思います。彼らは行動量がケタ外れてますよね。

一歩踏み出して行動し続けた人と、できない理由ばかりを考えて一歩も踏み出さない人。その差は1ヶ月でもすごいつくのに、10年経ったらどうでしょう?

一歩踏み出す時に大事なのは

やればできるし、やらなければできない

と声に出すこと。自分にそう信じ込ませ、神様に誓うことです。

一歩を踏み出し、チャレンジする活気が日本全体で生まれたら最高ですね!