「私(僕)のこと、すべてわかってくれる人がいたらいいな~。なんでも本音で話せる人がほしい。」

そんな風に思ったことはありませんか?

日本では「本音と建前の文化」といわれるように、本音で話すことが苦手な人も多いですよね。

今回は、私たち摂理メンバーが本音を話せないモヤモヤをどう解決しているのか、一部をご紹介します!

自分のこと、100%わかってほしい!

自分のことをわかってくれる人って、自然と信頼するようになりますよね。

しかし、仲が深まれば深まるほど、「理解してほしい欲」が強くなって、

時には「言葉にしていないことまで察してほしい」と相手に求めすぎてしまうこともあったり。

人間の「理解してほしい欲」には、きりがないように思えたりします。

人間同士で理解し合おうとしても限界がある

「理解してほしい欲」を満たすためには、

「無限に理解してくれる存在」が必要になってきます。

しかし、相手を100%理解することって、簡単なことではありませんよね。

それでは一体、誰にわかってもらえばいいのでしょう?

摂理メンバーの本音は、神様のところへ

摂理メンバーの場合、それが神様。

「人には言えないんですが、実はこう思います」

うまくできないこと、恥ずかしいこと、辛いこと・・・

人には言えないことも神様に話すことで、モヤモヤから抜け出せるようになります。

しかも神様は、いつでもどこでも、話を聞いてくださいます!

おしゃべりな摂理メンバーと神様

また、生活のさまざまなシーンでも気軽に神様とおしゃべりします。

「単位がとれますように」という願い、

「こんな夢を叶えたい!」という野望、

「起きないといけないけど、まだ寝たい・・・」というわがままも。

時には、神様に話すことでコンビニメニューが実際に変わった、なんていう、

ちょっとしたミラクルを体験することもあるんです(笑)。

人とも本音で話せるようになる?!

いかがでしたでしょうか?

ここまで読むと、いつも神様にだけ話しているようですが、ご心配はいりません。

ちゃんと人間とも話します(笑)。

むしろ、神様に本音で話すようになると、同じように人にも本音で話せるようになったり、

逆に相手の本音を理解しようとするので、コミュニケーションが上達したりもするんです。

これからは、独り言を話している摂理メンバーを見かけたら、

「ああ、神様になにか話しているんだなあ」と、

ぜひあたたかい目で見守ってあげてくださいね!