あなたの個性はなに?

突然ですが、こう聞かれたら、どう答えますか?

「あなたの個性を教えてください」

・・・・すぐに思いつくあなたは、この記事を読む必要がなさそうです(笑)。

一方で、「個性なんて分かんないよ…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日はまさに!そんな方に読んでいただきたい記事です。

What’s「個性」?

そもそも、「個性」って何なのでしょう?

明るい性格?勉強がよくできる?運動神経がよい?顔が可愛いorイケメン?・・・

うーん、考えれば考えるほど、頭が痛くなっちゃうのは私だけでしょうか(笑)。

「頭がいいといわれるけど、あの人の方がもっと成績いいし」

「僕イケメンだけど、運動神経なくて自信ない」

「明るくて楽しいといわれるけど、論理的に考えるの苦手でコンプレックス」

などなど、自分と他人を比べると、自分の足りない部分ばかり目に入ることってありますよね。

とはいえ普段は考えなければ済むのですが、

大学生になると、この個性に直面せざるをえないイベントがやってきます・・・

そう!「就職活動」!

「他人より優れた個性」を問われる就職活動

エントリシートや面接では、

「あなたの性格は?長所は?個性は?」

つまり

「他の人より何がよくできるの?」 と問い詰められます。

そして、多くの若者が疲弊していきます(笑)。

では、摂理ではこの「個性」についてどういう風に考えるのでしょうか?

神様が与えた、「たった一つの特別な個性」

もっとも分かりやすいのが、「個性の王になろう」という話です。

そもそも、「自分自身という存在は地球世界でたった一人」ですよね。

仮に「自分には一つも個性がない」と思う人でも、このことは否定できないはずです。

そして、神様は、「1人に1つはその人にしかない特別な個性を与えた」のだそうです。

だからその個性においては、「すべての人が王(1番)になれる」、ということですね。

・・・神様、ロマンチック(笑)。

ただし注意すべきことは、 この「その人にしかない特別な個性」とは、初めから完成しているのではなく、

「見つけて、磨いて、開発してこそ輝く」ということです。

ダイヤモンドの原石のような個性

ダイヤモンドの原石って、実は元は黒くてごつごつしてるんですが、

それを磨いて削って、ようやく輝くダイヤモンドになるのだそうです。

私たちの中にあるダイヤモンドの原石のような個性も、

見つけて磨いて開発して、「個性の王」になれたら素敵ですね(^^)

Let’s be the king of personality★